FC2ブログ

三国志大戦のススメ

~三国志大戦 頂上を目指して~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

趙雲 子龍(ちょううん しりゅう)

趙雲 子龍(ちょううん しりゅう)

字(あざな)/子龍(しりゅう) 

生没年/?~229年

身長/8尺(184cm) 

武器/槍、青紅の剣


公孫?が袁紹と戦っている田楷の援軍として劉備を派遣した際に随行し、劉備の主騎(騎兵隊長)となった。

『趙雲別伝』によると、その後趙雲は兄の喪のために公孫?の元を辞して故郷に帰ることとなり、劉備は趙雲が戻ってこないことを悟った、とある。(192年に常山郡が袁紹の手に移ったのが理由であろうか)劉備が袁紹を頼ると(200年)、趙雲は?で目通りし、密かに募った数百人の兵を連れて劉備の配下となった。

建安13年(208年)、劉備が曹操の大軍に追われて逃走したとき、荊州の当陽県長坂で趙雲は劉備の息子劉禅を自ら抱え、また甘夫人(劉備夫人)を保護した。牙門将軍に昇進した。

同年、荊州平定に参加し、偏将軍、桂陽太守となった。

劉備の蜀入りの際には荊州に留まったが、建安18年(213年)、諸葛亮に率いられて張飛とともに長江をさかのぼって入蜀し、各郡県を平定した。趙雲は江州からは別の川を通って江陽に上った。蜀が平定された後、翊軍将軍に任ぜられた。

221年、孫権を討とうとする劉備を諫めるが聞き入れられず、趙雲は江州に留まった。

蜀の建興元年(223年)には中護軍・征南将軍に昇進し、永昌亭侯に封じられた。後、さらに 鎮東将軍に昇進した。

同 5年(227年)、諸葛亮とともに北伐に備えて漢中に駐留した。翌228年、諸葛亮は斜谷街道を通ると宣伝し、魏の曹真はこれを真に受けて大軍でおしよせた。趙雲は芝とともにその相手をする囮となり、諸葛亮は祁山を攻めた。趙雲と芝は箕谷で敗北したが、軍兵をとりまとめてよく守り、大敗には至らなかった。鎮軍将軍に降格された。

翌229年没し、長男の趙統があとを継いだ。

261年、趙雲は順平侯の諡を追贈された。『趙雲別伝』より姜維らの進言にいう。
「柔順・賢明・慈愛・恩恵を有する者を順と称し、仕事をするのに秩序があるのを平と称し、災禍・動乱を平定するのを 平と称します。趙雲に順平侯の諡号を賜るのが至当と存じます」

『三国志演義』において趙雲は五虎大将軍の一人として、非常に勇猛、かつ義に篤い武将として描かれている。
長坂では単騎で大軍の中を駆け抜け劉禅を救出し、漢中攻め(定軍山の戦い)では黄忠らを救出し見事な撤退戦と空城計を演じ、劉備から「子龍は一身すべて肝なり」と賞賛され、軍中では虎威将軍と呼ばれるようになる。これらの活躍の多くは『趙雲別伝』を取り上げたものである。漢中攻めのエピソードは『資治通鑑』にも残っている。

中国などにおいても、劉備三兄弟と諸葛亮と同じくらい人気がある武将であり、三国志をあまり知らなくても名前が出てくるほどの武将である。

ARACHINA




スポンサーサイト
[ 2010/01/21 22:46 ] 三国志武将列伝 | TB(0) | CM(0)

張飛 益徳(ちょうひ えきとく)

張飛 益徳(ちょうひ えきとく)

字(あざな)/益徳(えきとく)演義では翼徳とされる

生没年/168年~221年(53才)

出身/幽州タク県

所属/劉備(蜀)

身長/8尺(184cm) 武器/1丈8尺(4m)の蛇矛


劉備が旗揚げして以来、関羽と共に付き従い、劉備を助けた。
蜀漢の役職は車騎将軍。
劉備・関羽とは兄弟の様なつきあいをしていたと言う。
関羽の方が数年年長の為、関羽に兄事していた。

数々の戦いで豪傑振りを示し、特に長坂の戦いでは数千の曹操軍に対し、二十騎で殿を務め(『三国志演義』ではただ一騎)、大喝して曹操軍を恐れさせた。
また、劉備が益州入りするときは、諸葛亮と共に援軍として出発し、
厳顔を生け捕りにした。
その功績は大きく巴西太守になった。
その後、漢中争奪戦では策を用いて魏の張?を打ち破るなど、智謀の士でもあったとされる。

張飛は、曹操軍の程らに一万の兵に匹敵すると評価された。
しかし、位の高い士大夫に対しては紳士的にふるまったものの、位の低い者、部下などに対しては傲慢に振る舞う事が多く、それでいて兵士を側に仕えさせていたため、劉備に常々注意されていたが、改めなかった。

また、『零陵先賢伝』によると、張飛が士大夫の劉巴の元に泊まった際、劉巴は話もしようとしなかった。
さすがにそのあと腹を立て、諸葛亮が劉巴に取りなしたが、劉巴は「大丈夫(立派な男)がこの世に生きて行くためには、当然四海の英雄と交わるべきです。
どうして兵隊野郎(張飛のこと)と語り合う必要がありましょうか」と言うばかりだった。士大夫と庶人上がりの張飛との間に、厳然たる身分差別があったことが窺える。

劉備が蜀漢を建国すると、車騎将軍・司隷校尉に栄転した。
しかし、劉備が呉に対して関羽の弔い合戦の準備をしているときに、恨みを持った部下(張達・范彊)に殺された。
劉備は張飛の都督から上奏文が届けられたと聞くと、
内容を見る前に「ああ、(張)飛が死んだ」と言った。
260年、桓侯と諡された。

三国志演義では、息子の張苞が関羽の次男関興と共に活躍しているが、正史にはただ、若死にしたとだけ書かれている。

なお、張飛の妻は、夏侯淵の姪に当たり、
その娘は二人とも後主の后になっている。
魏で、司馬懿による政権掌握の政争が起こったとき、夏侯覇はそのつてを頼って蜀に亡命してきている。 
『三国演義(三国志通俗演義)』では、劉備の聖人ぶりをアピールするために、粗暴な役回りを張飛に押しつけている部分が多い。
たとえば、劉備が県尉と言う低い役職が不満で督郵を鞭打ったことがあるが、演義では、聖人君子である劉備像を壊さない為に張飛がしたことにされている。

その為か、中国などでは蜀将信仰の際には劉備・関羽・趙雲・諸葛亮となっており張飛は外れてしまっている場合がある。

ARACHINA




[ 2010/01/19 22:07 ] 三国志武将列伝 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ
 
カテゴリ
三国志大戦リンク
sangokusitaisen
演舞場
大戦界

アルバイト採用
お気に入りサイト
ツイッター
YOUTUBE
にこにこ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。