FC2ブログ

三国志大戦のススメ

~三国志大戦 頂上を目指して~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劉備 玄徳(りゅうび げんとく)

劉備 玄徳(りゅうび げんとく)


王朝 :蜀漢
在位期間 :221年 - 223年
姓・諱 :劉備
字 :玄徳
諡号 :昭烈皇帝
廟号 :不詳
生年 :161年
没年 :223年6月10日
父 :劉弘
陵墓 :恵陵
年号 :章武(221年 - 223年)


黄巾の乱が発生すると、関羽張飛とともに、義勇軍を結成し、名をあげた。
後に、公孫サン陶謙呂布曹操袁紹劉表のもとに次々と従っては、
離れていった。
劉備は戦闘の指揮には優れていたものの明確な戦略は持っておらず、
各地を転々としていた。
この時期の劉備に果たして演義で書かれるような天下平定の大望があったかはっきりと分からない。

劉備は荊州の劉表の所に身を寄せていたとき、諸葛亮を軍師とした。
諸葛亮天下三分の計を説かれた劉備は以後、
明確な戦略に基いて行動するようになる。

劉表が没し、劉表の後を継いだ劉曹操に降伏したため、
曹操が荊州を占領することが確実になった。
劉備軍は逃走の後孫権と結び、赤壁の戦いにおいて、曹操軍を破った。

赤壁の戦いの後劉備は荊州を占拠し、益州も併せた。
また、曹操を破って、漢中を手に入れた。

曹操が216年に魏王になったことも受けて、219年劉備漢中王を自称した。

220年に曹操の子曹丕が後漢の献帝から帝位の禅譲を受けたとき、
劉備の勢力は献帝が殺害されたと誤解し、221年に劉備を漢の皇帝に推戴した。
蜀に作られた漢王朝であるため、
後漢(東漢)、前漢(西漢)と区別するため蜀漢とも言う。

劉備は即位の後呉と戦うが夷陵の戦いで惨敗
諸葛亮に後事を頼み、223年永安と改称した白帝城において病没した。

陳寿が著した史書『三国志』の蜀書先主伝には、
劉備は情に厚く人望がある人物で漢の高祖劉邦を思わせるものがあり、
「英雄之器」を持った人物であったと書かれている。
つまり任侠の風あるならず者、
人情味のある親分肌の人物という一面を持っていたのであり、
三国志演義が描く信義に厚い聖人君子のような人物像とは相違がある。

三国志は魏を正統王朝として書かれているが
(陳寿は蜀に仕えたが蜀の滅亡により晋に仕え、この時三国志を完成させた。)

三国志演義は蜀が正統王朝としており、ここに史実観の違いが見え隠れする

ARACHINA








スポンサーサイト
[ 2010/01/01 22:53 ] 三国志武将列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
 
カテゴリ
三国志大戦リンク
sangokusitaisen
演舞場
大戦界

アルバイト採用
お気に入りサイト
ツイッター
YOUTUBE
にこにこ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。