FC2ブログ

三国志大戦のススメ

~三国志大戦 頂上を目指して~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

趙雲 子龍(ちょううん しりゅう)

趙雲 子龍(ちょううん しりゅう)

字(あざな)/子龍(しりゅう) 

生没年/?~229年

身長/8尺(184cm) 

武器/槍、青紅の剣


公孫?が袁紹と戦っている田楷の援軍として劉備を派遣した際に随行し、劉備の主騎(騎兵隊長)となった。

『趙雲別伝』によると、その後趙雲は兄の喪のために公孫?の元を辞して故郷に帰ることとなり、劉備は趙雲が戻ってこないことを悟った、とある。(192年に常山郡が袁紹の手に移ったのが理由であろうか)劉備が袁紹を頼ると(200年)、趙雲は?で目通りし、密かに募った数百人の兵を連れて劉備の配下となった。

建安13年(208年)、劉備が曹操の大軍に追われて逃走したとき、荊州の当陽県長坂で趙雲は劉備の息子劉禅を自ら抱え、また甘夫人(劉備夫人)を保護した。牙門将軍に昇進した。

同年、荊州平定に参加し、偏将軍、桂陽太守となった。

劉備の蜀入りの際には荊州に留まったが、建安18年(213年)、諸葛亮に率いられて張飛とともに長江をさかのぼって入蜀し、各郡県を平定した。趙雲は江州からは別の川を通って江陽に上った。蜀が平定された後、翊軍将軍に任ぜられた。

221年、孫権を討とうとする劉備を諫めるが聞き入れられず、趙雲は江州に留まった。

蜀の建興元年(223年)には中護軍・征南将軍に昇進し、永昌亭侯に封じられた。後、さらに 鎮東将軍に昇進した。

同 5年(227年)、諸葛亮とともに北伐に備えて漢中に駐留した。翌228年、諸葛亮は斜谷街道を通ると宣伝し、魏の曹真はこれを真に受けて大軍でおしよせた。趙雲は芝とともにその相手をする囮となり、諸葛亮は祁山を攻めた。趙雲と芝は箕谷で敗北したが、軍兵をとりまとめてよく守り、大敗には至らなかった。鎮軍将軍に降格された。

翌229年没し、長男の趙統があとを継いだ。

261年、趙雲は順平侯の諡を追贈された。『趙雲別伝』より姜維らの進言にいう。
「柔順・賢明・慈愛・恩恵を有する者を順と称し、仕事をするのに秩序があるのを平と称し、災禍・動乱を平定するのを 平と称します。趙雲に順平侯の諡号を賜るのが至当と存じます」

『三国志演義』において趙雲は五虎大将軍の一人として、非常に勇猛、かつ義に篤い武将として描かれている。
長坂では単騎で大軍の中を駆け抜け劉禅を救出し、漢中攻め(定軍山の戦い)では黄忠らを救出し見事な撤退戦と空城計を演じ、劉備から「子龍は一身すべて肝なり」と賞賛され、軍中では虎威将軍と呼ばれるようになる。これらの活躍の多くは『趙雲別伝』を取り上げたものである。漢中攻めのエピソードは『資治通鑑』にも残っている。

中国などにおいても、劉備三兄弟と諸葛亮と同じくらい人気がある武将であり、三国志をあまり知らなくても名前が出てくるほどの武将である。

ARACHINA




スポンサーサイト
[ 2010/01/21 22:46 ] 三国志武将列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
 
カテゴリ
三国志大戦リンク
sangokusitaisen
演舞場
大戦界

アルバイト採用
お気に入りサイト
ツイッター
YOUTUBE
にこにこ
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。